牡蠣が苦手

牡蠣が苦手

Q・牡蠣は苦手、でも健康に良いなら食べたい場合には?
A・苦手意識を持たず思い切って食べてみよう!

 

実は牡蠣のような食材は子どものころに食べた記憶で好き嫌いしている場合が多いようです。牡蠣には独特の苦味を持つ部分もあるため、味に敏感な子どもだと美味しくないと感じられてしまいます。しかし、大人になると色々な味も経験しているため、牡蠣は苦味だけでなくうまみもあるように変化します。

 

もし牡蠣が苦手という意識がある方は、大人になってから試してみることをおすすめします。ウニやカニミソなども大人の味といわれるように、年齢を重ねるごとに美味しさがわかるように変わる人が多くなっています。

 

また、牡蠣に挑戦してみるなら食べやすい洋食メニューがおすすめです。専門店の牡蠣フライなら、外側はサクサクなかはジューシーで食べられるはず。そのほかでは牡蠣の食感があまり気にならない牡蠣ごはんもおすすめメニューです。

 

牡蠣にはスタミナに良いとされるタウリン、たんぱく質の合成に必要となる亜鉛、必須アミノ酸の量も多くバランスの良い食材です。数個食べるだけで様々な栄養素も補給することができます。特に亜鉛は食品の中でもトップクラスで、不足すると皮膚トラブルやホルモンバランスの乱れ、味覚障害なども起こりやすいため積極的に食べたい食品です。