牡蠣を食べると亜鉛の効果はいつ頃?

牡蠣を食べると亜鉛の効果はいつ頃?

Q・亜鉛が多い牡蠣を食べたら、いつ頃効果が現れるのか?
A・代謝が早い部位なら数日程度でも変化を感じられます。

 

最近はアトピー性皮膚炎の改善、生活習慣病の予防、髪や肌のトラブルに利用したり、薄毛の人なども亜鉛が多い牡蠣を積極的に食べているともいわれています。亜鉛はたんぱく質合成に不可欠で、体に溜め込むことができないため意識しないと不足してしまうことがあります。

 

そこで気になるのが牡蠣を食べたら、どのくらいの日数で亜鉛の効果が得られるのかでしょう。亜鉛不足でどのような症状が現われているかでも日数は異なりますが、代謝が早い箇所なら数日程度から変化を感じる人も多くなっています。

 

例えば数日程度で細胞が生まれ変わる舌のみらいなどは変化を感じやすい箇所です。細胞が古くいつまでも代謝されないと、味覚に変化がでるためすぐにわかります。最近食事が美味しくない、特定の味がわからない、味付が濃いと言われた方などは注意が必要です。

 

他には皮膚なら最低でも1ヶ月くらいは様子を見る必要があります。髪や内臓なら数ヶ月くらいでしょうか。そんなに毎日牡蠣を食べられないと感じる方は、牡蠣サプリを利用しながら様子を見る方法がおすすめです。